ブライダルローンとは

結婚式

ブライダルローンとは、結婚式のための準備費用をしてまとまった金額の貸付をしてくれるローンサービスのことです。結婚式・披露宴にはお金がかかりますからね。

 

ブライダルローンは地方銀行や都市銀行などの銀行系だけでなく、信販会社や消費者金融会社などの金融会社、またはブライダル関連企業の金融部門によって行われています。

 

ブライダルローンサービスを行なっている会社は多くありますが、どの系統のどの会社を利用するかによって、利息や返済条件、上限金額や限定用途などが大きく異なってきます。

 

ブライダルローン申し込みをするときには、金利だけでなく付属するサービス内容などにもよく注意をしてみましょう。

 

ブライダルローンは分類としては住宅ローンや自動車ローンと同じように、基本的には「ブライダル」という使用目的を限定して金額の貸付を行なうものです。

 

そのため、銀行系でブライダルローンを組もうとする場合には、貸付を行う人の金銭状況について通常よりも厳しめの審査が行われることが多くなっています。ブライダルローンの審査が通らないというのも時々聞きますね。

 

ですので、ブライダルローンもいいですが一般的にカードローンといわれている、使途自由で使えれるカードローンが便利だと思います。限度額内なら繰り返し使えますので、新婚旅行など何か他にも必要になったときも使えますから。

 

しかもブライダルローンの場合審査に時間がかかることが多いですが、カードローンの場合審査はその日のうちに分かることが多いですので、すぐに借りることができるので急いで結婚資金が必要な場合も大丈夫ですから。

 

ブライダルローンに比べてカードローンの方が金利が高いと思われているかもしれませんが、今のカードローンはかなり金利も低く抑えられていますからね。

 

以下にブライダルローンの代わりに使える、金利が低くておススメのカードローンを紹介しておきますね(^◇^)

 

おすすめのローンサービス

 

住信SBIネット銀行 圧倒的な低金利設定!

住信SBIネット銀行
ブライダルローンの代わりとして1番適していると思うのが、住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」という商品です。
なんといっても金利が1.99%〜7.99%という低金利設定になっています。これはブライダルローンよりも圧倒的に金利が低いですよね。
最高融資額も1,000万円と高額ですし、300万円までは収入証明書不要で利用できますので、手軽に申込みすることができますよ。

≫住信SBIネット銀行の詳細はこちら

 

みずほ銀行 大手ならではの安心感!

みずほ銀行
みずほ銀行カードローンもかなりの低金利設定となっています。エグゼクティブプランとコンフォートプランという2種類のプランがあり、エグゼクティブプランならば金利は年4.0%〜7.0%という低金利に設定されています。
こちらの金利も低金利がメリットのブライダルローンよりも金利が低かったりしますからね。ブライダル専用のローンを利用するメリットがほとんどなくなってきますね・・・。
みずほ銀行の口座をすでに持っている方は、申し込みが非常に簡単で即日融資も可能となっていますよ。

≫みずほ銀行の詳細はこちら

 

オリックス銀行 今のローンをまとめることも可能!

オリックス銀行
オリックス銀行のカードローンは、おまとめや借り換えに利用することもできるので、今すでにいくつかのカードローンを利用しているという方は、この結婚費用を借りるついでにおまとめしてしまうと返済が楽になるかと思います。
銀行ですと三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・イオン銀行・ローソン・EnetのATMが利用できますし、コンビニATMなども利用できるので、全国に利用できるATMは93,000台以上あるので利便性にも優れていますよ。

≫オリックス銀行の詳細はこちら

 

 

三菱東京UFJ銀行 月々の返済額が1,000円から!

三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行も結婚資金の為に利用するのに適していると思います。こちらは1,000円単位で借り入れできるので、無駄なく借りる事ができます。借りる金額はなるべく少ないほうがいいと思うので、1万円単位よりも1,000円単位の方が明らかにいいですよね。
利用に関しても三菱東京UFJ銀行のATMだけでなくコンビニATMも使えますので利便性にも優れているカードローンです。
ネット申し込みならば最短30分で審査回答してくれますので、すぐに借りれるかどうかわかっていいですよ。

≫三菱東京UFJ銀行の詳細はこちら

 

プロミス 急ぎの方、短期の借り入れなら!

プロミス
プロミスは消費者金融というイメージが強いので、結婚費用の代わりに使うローンとしては、ちょっと利用しづらいという人もいるかもしれませんが、プロミスはメリットが多いですので状況によっては利用した方がかなりお得になる可能性が高いです。
まず、審査が非常にスピーディですので、最短で即日融資・振り込みも可能ですので急いでいる人はプロミスがいいです。土日・祝日でも借りる事ができますからね。
また、30日間無利息で利用できるローン会社ですので、短期間だけ借りたいという場合にも適しています。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
ですので、急いで結婚費用や旅行のお金が必要な場合や、短期間だけ借りたいという場合にはプロミスを利用すると無駄がなくお得ですよ。

≫プロミスの詳細はこちら


 

手数料なしで一括返済できるメリットも

結婚式の費用って一般的に前払いのことが多いです。後払いですと、ご祝儀などが入った後にそこから結婚式費用を返済すればいいのですが、前払いですとそういうわけにはいきません。

 

前払いで支払うためにお金が無い場合には借りないといけないですね。

 

この際にご祝儀が入れば一括返済できる場合もあるでしょうし、一部繰り上げ返済することもできるでしょう。

 

ブライダルローンの場合ですと、この一括返済や一部繰り上げ返済などの際に手数料がかかってくることが多いです。この手数料の金額が意外と高かったりするんですよね。

 

でも、上記で紹介しているようなカードローンの場合は、一括返済や一部繰り上げ返済はいつでもできて手数料が取られるということはありません。

 

こういうことを考えてもブライダルローンよりカードローンの方がいいということが分かりますよね。金利も住信SBIネット銀行やみずほ銀行ですとブライダルローンよりも低金利だったりしますからね。

 

ハワイで上げた結婚式

 

僕はハワイで結婚式を挙げました。奥さんがずっとハワイにあこがれていたので、結婚式と新婚旅行を兼ねてハワイに行ったのです。

 

当時貯金なんて全くありませんでした。そんなに給料がいいほうではなかったので生活していくだけでいっぱいいっぱいだったので。

 

でも奥さんがずっとハワイにあこがれていて、やっと結婚することができたわけですし、必ずこの夢はかなえてあげたかったので、お金を借りることにしたのです。

 

お金よりも大事な思い出を作りたかったので。お金は後で返済していけばいいだけですから。

 

そこでやはりブライダルローンっていうのが頭に浮かんでいろいろ調べたんですが、ブライダルローンというのは結婚に必要なお金を借りる目的ローンと呼ばれるものということがわかりました。

 

目的がはっきりしているわけですから、その結婚費用に使ったということを証明しないといけないわけなので、審査的なものがホントに面倒でしたね。結婚式の準備で忙しいのに…。

 

こういうことをいろいろ考えているとブライダルローンってデメリットが多いかなと思いましたね。金利が低いのはかなりのメリットだとは思いますが…。

 

・結婚費用に使うという目的が決まっているため、審査が非常に厳しいし、手続きが面倒。

 

・申し込みして審査が通ったとしても、実際に融資を受けるまでに時間がかかる。なので、必要な時に間に合わない可能性がある。

 

 

ですので、僕にとってはカードローンの方がいいかなと思ってカードローンを利用して借りることにしたのです。カードローンはブライダルローンに比べて金利はちょっと高いと思いますが、色々とメリットが多いです。

 

金利がちょっと高いと言ってもカードローンの方が低かったりもするんですけどね。。

 

・目的が決まっていないので、限度額内なら繰り返し利用できるので、新婚旅行費用やお土産品、交通費など色々と審査を受けなくても利用することができる。

 

・審査スピードも速く、融資までの時間が非常に速いので、急に必要になったときでも間に合う。

 

このようなメリットとデメリットをいろいろ考えてみたけど、ブライダルローンよりカードローンの方がいいかなと思って、カードローンを利用して結婚費用をねん出することにしたのです。

 

実際にハワイでの買い物なんかにも使うことができたので、カードローンにしておいてよかったなとつくづく思います。今はその時使ったカードローンを返済中です。

 

 

よくある質問

 

お金が無い状態でも結婚式を挙げた方がいいですか??

これは人それぞれによって違うでしょうね。

 

これからの生活のことを考えると、お金が無い状態で借金をして結婚式を挙げるのはちょっとやめておきたいという人もいるでしょうし、基本的に人生1回きりのことなので、お金が無いからと言って結婚式・披露宴をしないのは嫌だという人もいる事でしょう。

 

ですので何とも言えませんが、自分の気持ち的にちょっとでも式を挙げたいと思っているのならば、お金を借りてでもあげておいた方がいいんじゃないかと思います。

 

結婚式にかかる値段もピンキリですから、安く済ませようと思えば済ませることができますからね。

 

ハワイとかに新婚旅行も兼ねて、二人だけで式を挙げるというのもある意味やすくついたりしますよね。

 

貯金はすべて使って、借り入れする金額は減らした方がいいですか??

こちらもその人の考え方による部分もあると思いますが、多少の貯金はあった方がいいと思います。

 

借り入れする金額は少ないほうがいいとは思いますが、全く貯金がないというのも不安でしょうし何かに必要なこともあるでしょうから。

 

ですので、自分の中でこれだけは残しておきたいという金額は貯金して、残りの金額を支払い借入額を減らすというのがいいかなと思います。

 

急いで結婚費用を支払わないといけないのですが??

結婚費用の支払いを急がなければいけないという時には、急いで金を借りれる金融機関から借りなければいけません。

 

ブライダルローンや銀行カードローンですと、どうしても時間がかかってしまうことが多いですので、こういう時はプロミスを利用するのがおすすめです。

 

プロミスは非常にスピーディな対応をしてくれるのでその日のうちに借りる事ができます。土日や祝日、銀行営業時間外になってしまった場合でも、ネット申し込み後に自動契約機に行けばその日のうちにローンカードを発行してもらえて借りる事ができますからね。

 

結婚にかかる費用専用のブライダルローンをピックアップ

 

結婚にかかる費用専用で借りれるブライダルローンよりもカードローンの方がおすすめということは、上記でも説明したとおりですが、ブライダルローンにどのようなものがあるのかというのを一部紹介しておこうと思います。

 

銀行のブライダルローンだけでなく信販会社系のブライダルローンといろいろありますよ。あくまでこれは一部になります。

 

ローン会社名 金利 融資額 詳細ページ
楽天銀行 7.0% 300万円 ≫詳細ページ
常陽銀行 4.675% 300万円 ≫詳細ページ
プレシャンテ 6.5% 500万円 ≫詳細ページ
オリックスクレジット ブライダルローン 6.0%〜10.0% 500万円 ≫詳細ページ
千葉銀行 5.0%〜5.2% 500万円 ≫詳細ページ

 

このようにブライダルローンの特徴として上限金利が低いということはありますね。○○%〜△△%というところの△△の部分の金利です。

 

なぜこのように幅があるのかというと、審査によって決められた融資枠によって金利が変わってくるからです。

 

融資枠が大きければ大きいほど○○の所の下限金利が適用され、融資枠が小さければ小さいほど△△の部分の上限金利が適用されるということなのです。

 

 

上限金利はカードローンの比べて低いですが、下限金利となるとカードローンの方が低い場合も結構ありますよね。住信SBIネット銀行ならば下限金利は1.9%ですから。

 

ですので、目的ローンであるブライダルローンの大きなメリットである低金利ということも、今のカードローンも低金利なのであまり多き寝メリットとは言えなくなっていますね。

 

しかも、ブライダルに関することにしか使えませんので、それを証明するために色々と書類も必要ですし、審査も通りにくいといわれている状況からしても、やはりカードローンの利用がベストではないかと思います。

結婚に関するニュース

 
2014年度の結婚式費用の最も高いのは四国・最も安いのは北海道

ゼクシィが「結婚トレンド調査2015」の結果を発表してくれました。
→続きはこちら